ベータグルカンの機能性とペット

ベータグルカン(βグルカン)の機能性はペットの犬(イヌ)に対しても人間に対するのと同様に期待されます。ペットも動物ですから、犬、猫だけでなく、ハムスターから鳥まで、人間と同じように食生活が雑食系として分類されるペットの動物ならば、ベータグルカンの機能性は人間と同様です。(除く草食動物!)

年齢を重ねると必然的に衰えるのは体力だけでなく、免疫力も低下することが解かっています。老いることは体調不良が増加することですが、加齢の諸問題に備える食品成分として、最古の歴史と、最大の実績が証明されているのが、「ベータグルカン(βグルカン)」という機能性成分です。副作用の無い天然成分の中でも、最も高い確率で機能性成分が期待できるのは、人間に対してだけではなく、ペット動物(犬,猫)に対しても、ベータグルカンという成分の特質なのです。

西洋でも、東洋でも、数多くの昔話に不思議なキノコが登場します。これらの「奇跡のきのこ」にはベータグルカンという成分が含まれており、この成分の機能性が奇跡とも呼ばれる機能性をしばしば発揮してきました。

人間だけでなく、ペットの愛犬に最善を尽くす健康食品やサプリメントを検討するなら、最も歴史が長く、製品数も多く、最も実績が多いベータグルカンを主成分とする製品を第一の選択肢とすることは間違い無い選択です。 そして、幸運なことに一昔前まではキノコを食することが唯一のベータグルカン摂取法だったが、科学技術の進化によって酵母から高純度に抽出されたベータグルカン製品も一般に流通が開始されています。

現代最高の純度のベータグルカンは、食用でもあるイースト菌(パン酵母)から高度な精製技術によって抽出されます。純度が高いベータグルカンを食することは、吸収効率が飛躍的に高められ、これによって人間にもペットにも非常に効率的にベータグルカンを摂取することが可能になっています。

現代最高の品質となっているベータグルカンはイースト菌(パン酵母)の細胞壁から各種の特許技術を駆使することで従来のキノコには不可能だった高いベータグルカン純度へと精製されます。キノコ製品は、5%程度だったベータグルカンの含有率が、酵母抽出では60~85%超と、まだに雲泥の差が生じています。現在の市販品ベータグルカンでは、ベータグルカン85%以上の製品が世界最高純度として流通しているのです。

ベータグルカンの純度と品質は、ベータグルカンを体内に吸収させる効率を最も左右する最重要な要素です。これは人間だけでなくペットに対しても同様です。むしろペットの場合には、「食間に水だけ」という最高効率での摂取が難しいことを考慮すると、犬,猫のペットには人間よりも質の高いベータグルカンが必要だと言えるでしょう。

愛犬、ネコちゃんにこそ、高純度で効率の良いベータグルカン製品を用意してあげるべきなのです。

ベータグルカン Index...