ベータグルカンの効率性

キノコだけでなく、酵母(イースト菌)の体内にもベータグルカン(βグルカン)が含まれていることが発見されたのは1940年代の米国です。

酵母由来ベータグルカンが発見されるまでは、キノコだけがベータグルカンを摂取する唯一の食事法でした。昔話に頻繁に登場する「奇跡のキノコ」は全てが作り話なわけではなく、古式ゆかしい民間療法だったのです。今では、ベータグルカンの歴史の一端です。 昔話でもキノコで助かるのは人間だけでなくペットの犬や猫も恩恵を授かっていました。このように、ベータグルカンという成分の機能性は、人間にもペットにも等しく期待できることが解ります。

つい数十年前までは「奇跡のキノコ」の中身も機能性も十分には解明されないままに経験則としての盲目的な利用が主でした。しかし、近代の高分子分析技術の進歩も手伝って、中に含まれている成分が特定され、特にベータグルカンの働きが重要だと解明されたのです。結論として、「奇跡のキノコ」=「ベータグルカンが多いキノコ」だと判ってきたのです。 1990年代に大流行したアガリクス(姫マツタケ)やメシマコブ、2000年以降にはカバノアナタケ(チャーガ)、ハタケシメジやヤマブシタケ、ハナビラタケなどのキノコが大量に栽培され、それぞれにベータグルカンの含有量を競い販売されました。中でもハナビラタケ(花びら茸)の増強食、強化食と称した広告は今日でも大量出稿が継続されています。その他、漢方に類される冬虫夏草(とうちゅうかそう)も、含まれているベータグルカンの機能性が働きの中核だと解明されています。

しかし、含まれているベータグルカンという成分の量と質が効率を上下すると解明されたため、カバノアナタケやハナビラタケ、マイタケは、今では旧来の非効率品と位置付けられます。非効率な製品を昔ながらの高価格で購入する理由は皆無なのです。これが世界中で高純度の酵母抽出ベータグルカンが爆発的に普及している理由です。

現在に流通している高純度ベータグルカン製品では、パン酵母(イースト菌)を原料としてベータグルカンを抽出した健康食品・サプリメント製品が最高純度であり、85%以上のベータグルカン純度が発売されています。

ベータグルカン Index...