ベータグルカン食品とベータグルカン健康食品

酵母菌の細胞壁という部分に豊富にベータグルカン(βグルカン)が存在することが発見され、さらにベータグルカンという成分が発見/特定され、さらには高分子測定技術の進歩が製品比較を可能にしました。 しかし、酵母(イースト菌)を食べるだけでは、殻に包まれた酵母が体内を素通りするだけで、酵母内のベータグルカンは機能性を発揮することなく、全て体外へ排出されます。 ベータグルカンは小腸でマクロファージに吸収させることが重要で、酵母からベータグルカンを抽出する加工精製技術による高純度化は、必要不可欠な重要技術なのです。

酵母からベータグルカンを高純度に抽出する技術は1940年代に初めて発見・開発されました。そして1980年代に入って85%を超える現行レベルまで飛躍的に高純度化されたのです。この高純度化によって効率が飛躍的に高まり米国では「Baker's Yeast=パン酵母抽出ベータグルカン」として大流行し一気に広まり現在に至ります。過去に存在していたマイタケをはじめとする全てのキノコ由来サプリメントに比べて、ベータグルカンの含有量が数倍に良化したことはセンセーショナルだったのです。含有量以上にベータグルカンの摂取効率が高まったために、2重の改善でした。

キノコ・ベータグルカンが実は低効率な食品だと判ると、2000年代に入ってからは合理性効率性を重んじる欧米では酵母抽出の高純度ベータグルカンが主流となりました。

ベータグルカンを効率良く摂取することは、人間だけでなくペットにも最重要です。特に効率的に摂取させることが難しいペット、犬(イヌ),猫には、少量でも高純度のベータグルカンを与えることでベータグルカンを効率的に吸収させることができます。

人間にもペットにも、効率的=高純度なベータグルカンを与えるなら、現代の最高のベータグルカン純度を実現しているのはパン酵母から抽出した健康食品・サプリメントです。人間はもちろん、ペットにも利用できる高純度なベータグルカンは、キノコと比べて数十倍の高純度に高まっていることから、効率はさらに数十倍となっています。

人間もペットもベータグルカンを通常の食生活からでは、殆ど摂取できなくなっています。昔ならば頻繁に食する機会のあった発酵食品を介して、酵母の中に含まれている極微量のベータグルカンを知らず知らずの内に毎日摂取できていたのです。しかし、現代ではよほど意識しなければ発酵食品を摂ることも減り、それはペットに関しても同様です。ドッグフード、キャットフードには高級品、格安品に限らず、ベータグルカンは含まれていないのです。

現代人にとっても、そのペットの犬や猫にとっても、ベータグルカンは健康食品から摂取することが不可欠な時代になったと言えるのかもしれません。 だからこそ、安く効率的な製品が重宝されるのです。

ベータグルカン Index...