ペット用ベータグルカンの選び方

ペットだから、動物用だから、犬(イヌ)、猫(ネコ)だからと低品質の健康食品・サプリメントに妥協することは望ましいことではありません。反対に、家族の一員との愛情からペットのために不必要に高価格な健康食品・サプリメントを選ぶのも間違いです。

ベータグルカン(βグルカン)が主成分の健康食品・サプリメントは、種類が多いために、本当に良い製品を選ぶには、深く調査し、慎重に比較することが不可欠なのです。

ベータグルカンを含む健康食品やサプリメントの品質や価格を比較するには、ネット上の口コミや評判の情報も収集することも多いでしょう。しかし、広告業者による口コミ広告が増えていることから、さらに注意が必要です。

インターネットでの情報収集が便利になった現代では、販売業者、広告会社側からの情報操作も巧妙になっています。混乱する程の大量の偽情報だけでなく、自作自演の口コミや感想、体験談が多く投稿されている広告は最も回避すべき製品に多いのです。

自社の商品に関して、不利な情報を自ら表示する販売店は少ないでしょう。当然に、自社商品よりも優れた商品、安い商品のの存在は隠したい事実です。それゆえに、自社製品の利点だけを誇大広告することが多く、効率の良い低価格な他社製品が存在することは"公然の秘密"となります。

ベータグルカンという成分の信頼性と実績は確実なものです。人間にとっても、ペットにとっても、ベータグルカンという成分を、より効率良く、大量に摂取するかが重要だという大前提から比較検討すれば、残念なベータグルカン製品を購入する間違いは避けられるはずです。

そのために最も重要なことは製品中のベータグルカンの量を数値で把握することです。まともなベータグルカン健康食品・サプリメントの条件として、ベータグルカンの含有量もしくは含有率を数値表記されていることは必須条件です。

具体的な数値を表記せずに「豊富なベータグルカン」「大量のベータグルカンを含有」と曖昧な表記だけの製品は、比較する価値すら無い低級品だと断じて差し支えないのです。

人間にも、ペット、愛犬、ネコちゃんにも、ベータグルカン健康食品・サプリメントを与えるには、ベータグルカンの含有量が多く純度の高い効率の良い製品を選ぶことが最も重要な比較検討ポイントなのです。数値表示されたベータグルカンが多い商品こそが可能性を高める選択肢だからです。

ベータグルカンの効率性と純度を追求すると、現代最高のベータグルカンは、「パン酵母ベータグルカン」に帰結します。パン酵母ベータグルカンは、60~85%と高いベータグルカン純度に抽出精製されているのが特徴で、世界中の研究者が研究論文に取り上げ、実験に用いられた結果として多大な成果が上がっています。

パン酵母(イースト菌)から高純度抽出したベータグルカンは、昔ながらキノコの数倍以上の非常に高い純度に精製されているため、ベータグルカンを遥かに高い効率で摂取吸収できます。

人間でもペットでも、ベータグルカンを吸収するには、少量でも効率的な高純度ベータグルカンが効率を高めてくれるのです。

ベータグルカン Index...