ベータグルカンの副作用リスクとペット

ベータグルカン(βグルカン)という成分には副作用リスクが無く、安全無害です。数千年の歴史だけでなく、高純度に精製されたベータグルカンの70年以上の歴史が何よりの証拠です。人間と同様に犬や猫のペットに対してもベータグルカンは副作用の心配が不要な安心の成分なのです。

注意しなければならないベータグルカンは、不純物が副作用を引き起こす事例の多いキノコ原料のベータグルカン製品です。不具合の原因はベータグルカンではなく、栽培時に土壌から吸収した重金属などの不純物が残存しているからで、成分としてのベータグルカンは全く問題無く、副作用は発生しないのです。

ハナビラタケや、冬虫夏草、カバノアナタケ(チャーガ)、ハタケシマジなどのキノコから抽出した成分を原料とした健康食品やサプリメントでは、製品の内容成分の半分以上はベータグルカンではなく、"不純物"です。構成成分としてのベータグルカンが半分(50%)を超えるキノコ健康食品は存在しないのです。 言い換えると、製品のほぼ半分が不純物で構成されているのですから、βグルカンの吸収が非効率になるのは当り前なのです。不純物は栽培土壌等から吸収された重金属等であり、これらが有害な成分として製品に残存することが副作用の原因だと判っています。

つまりは、ベータグルカンだけでなく、健康食品・サプリメントで想定外の副作用を回避するには、目的とする主要成分以外の不純物が少ない商品を選ぶことが重要なのです。目的とする成分の純度が高いことは、同時に副作用リスクの原因の不純物が少ないことを意味し、それは該当成分の吸収効率も高くなる利点があります。 ベータグルカン健康食品でも同様に、成分としてのベータグルカンの含有量=含有率が高い製品が、ベータグルカンを高効率で摂取でき、同時に不純物が少ないことで副作用のリスクを最小化できるのです。

昔ながらのキノコを原料とするハナビラタケやマイタケ、冬虫夏草、ハタケシメジ等のベータグルカン含有率は5~40%程度と残念なほどに低く、これは製品の40~80%が不純物であることを意味します。この製品の過半を占める不純物に何が含まれているのかは不詳なことが多く、そのリスクは小さいものではないことに留意せねばなりません。

健康食品やサプリメントをペットである犬や猫に与える場合には、人間以上に副作用に留意する必要があります。もしも副作用が発生しても、聞き取りもできない相手に対しては、事前の注意が欠かせません。それは製品の選択を慎重に実施し、可能な限り副作用リスクを最小化することです。それは不純物の少ない良い製品を選ぶことに他なりません。特にベータグルカン健康食品では、純度が高い製品の選択によって、ペットである犬、猫の副作用リスクを最小化できます。

過去には非効率かつ危険なキノコ原料の健康食品だけの少ない選択肢だったものの、現代では高い純度に精製されたベータグルカン製品が簡単に購入入手できます。現代に最も高純度に精製されたベータグルカン製品ならば、純度は60~85%の高純度に達しているのです。この品質は、きのこ原料の製品の数倍の純度であり、不純物は数分の1へ最小化されています。これならば、ペットの犬や猫に与えても不純物が原因の副作用の心配が無くなります。

市販の高純度ベータグルカンとしては、パン酵母(イースト菌)の細胞壁から抽出された健康食品・サプリメントが現代最高の抽出技術で高純度化が進んでいます。純度が極めて高いことが特徴の「パン酵母由来ベータグルカン」は、人間用として米国では食品薬品局(FDA)によって、「一般の商品と同じ」を意味するGRAS登録が設定されています。これは最高レベルの安全性がアメリカ合衆国政府に公的に確認されているためです。

可愛いワンちゃん、ネコちゃんに与えるならば、副作用リスクが最小化しつつ、最高の効率でベータグルカン摂取が可能な「パン酵母抽出の高純度ベータグルカン」が現代最高の品質ゆえに「最善の選択」なのです。

ベータグルカン Index...