ベータグルカンは適正量をペットに

健康食品やサプリメントに限らず、単一の食べ物を食べ過ぎることは避けるべきなのは常識の範疇でしょう。 優れた成分であるベータグルカン(βグルカン)に関しても、ベータグルカンだけを食べ過ぎることは推奨される食べ方であるはずがありません。この大原則は人間だけでなく、ペットの犬や猫にベータグルカンを与える場合も例外ではないのです。

ベータグルカンの最適な摂取量は、人間でも、ペットの犬や猫でも個体毎の体質や体調で大きく上下します。多少の採り過ぎに神経質になる必要は無いものの、「食べ過ぎ」と自覚実感されるほどの過剰摂取は避けねばなりません。

他の食品でそうであるように、ベータグルカンでも食べ過ぎると満腹感や胃もたれを感じるはずです。高効率の高純度ベータグルカンは食物繊維としての性質から、少量でも見た目以上に大量に食した状態になり易く、少量でも満腹感を感じることの多い傾向があります。

ベータグルカンの食べ過ぎの目安は、便秘の緩和を通り越して、便が緩くなり過ぎる場合です。人間の場合と同様に、ペットの犬、猫の場合にもベータグルカンの摂取以降は便秘が緩和されます。ベータグルカンの食物繊維としての性質を併せ持つためです。これが、過剰摂取に至ると便が緩くなり過ぎます。その場合には、ベータグルカンの摂取量を少し減量することが必要です。言い換えると、便が緩くならない範囲での最大量が最適なベータグルカン量だと言えるでしょう。

いかに優れた成分であるベータグルカンでも過剰摂取は、「過ぎたるは及ばざるが如し」です。その大前提を念頭に、少量づつ摂取量を増減させることで、個人や個々のワンちゃん、ネコちゃんの最適な摂取量を調整するのが最適な使用法です。

なお、食べ過ぎた場合の不具合の出やすさは、キノコなどの低純度ベータグルカン製品に関しても同様です。キノコ健康食品の問題点は、食べ過ぎない範囲で摂取できる製品量が少なく、摂取できるベータグルカン量も微々たる量であるために摂取量効率が2重で低下してしまうのです。

摂取量の点でも、効率の点でも、高純度ベータグルカンの優位性が二重に効いています。

ベータグルカン Index...