ペットにベータグルカンを与える方法

ベータグルカン(βグルカン)という成分を、ペットの犬や猫に食して貰うことは、簡単なことではないでしょう。

人間が相手ならば健康のためと説明し納得して貰うことは比較的簡単ですが、ペット(犬、猫)相手では、良い物,高いモノだと説明しても嫌なものは嫌だとソッポを向かれてしまいます。

ベータグルカンを犬や猫に食べて貰うためには、ペットの犬や猫の機嫌を保ちつつ、可能な方法を工夫することが不可欠なのです。

ここでベータグルカンの最高効率での摂取を考えると人間の場合と同様に、「食間に水だけ」で摂取することが最善です。しかし、ワンちゃんやネコちゃんにはそれが難しい場合も多いでしょう。その場合には、効率を落としてでも、少量づつを食べて貰うことが現実的な対処法です。

最高効率にこだわり過ぎて摂取量がゼロになるよりも、効率が多少落ちても少量を食べて貰う方が、プラスは大きいと考えるべきなのです。

ペットの犬や猫にベータグルカンを与える方法としてお薦めするのは下記の2つです。

まず第一の方法は、ベータグルカンを先に水に溶いてスポイトでペットの口に注いでやる与え方です。ペットの体力が弱っている場合には、この方法が最も効率良く、ベータグルカンを食べさせることができます。「食間に水だけ」という最高効率での摂取が実現されています。

高純度に精製さえたパン酵母ベータグルカンであれば、臭いもエグみも殆ど無いのですが、それでもペットには嫌がられる場合もあるでしょう。その場合には、ペットの犬や猫が普段飲んでいる水の全てを、気付かれない程の薄い濃度のベータグルカン水とする方法です。敏感なペット達にも気付かれない程に希薄な水溶液になりますが、高純度のベータグルカンであれば希薄化しても高効率でベータグルカン摂取できます。製品のベータグルカン純度が高い場合には、不純物が少ないことによって少量のベータグルカンを溶かすだけで、良質のペット用「グルカン水」が作成可能です。微少量でもベータグルカンを継続摂取させられることは評価に値します。

上記の2つの方法でベータグルカンを食べてくれない敏感なペットもいるでしょう。その場合には、次善の策として、ペットの好物に気付かれない程度少量のベータグルカンを混ぜて与えることが現実的です。その際、ベータグルカンを混ぜる好物は、なるべく成分のタンパク質と脂質の割合が少ない食品を選ぶことを強く推奨します。その方が、高純度ベータグルカンの効率低下を少なくできるからです。

なお、小さなカプセル(3, 4号サイズ)にベータグルカンを詰め替えれば、錠剤としてそのまま飲んでくれるペット(犬,猫)の報告もあります。飼い主さんの「技」が必要なのですが、最高の効率でのベータグルカン摂取を目指すなら、試される価値は高いと思われます。

ベータグルカン Index...