ベータグルカンを選ぶべきペット

調子の悪い犬、元気の無い猫などのペットにベータグルカン(βグルカン)が主成分の健康食品・サプリメントを与えることは、飼い主ができる最善の策に間違いです。 しかし、効率の悪いベータグルカン健康食品を選んでしまっては、残念な結果を招く危険性すらあることを認識しておく必要があります。

ベータグルカンの機能性と重要性、その高い可能性を理解してもらうことで、成分の性質を考慮した最高効率でのベータグルカン摂取を実施することは、人間相手なら簡単でしょう。しかし、ペットである犬や猫にベータグルカンの重要性が解るはずもなく、最高効率化に協力を求めるのは現実的ではありません。とすると飼い主が商品選びの段階から実際の摂取まで細心の注意を払ってあげる必要があります。

しかし、ベータグルカンの最高効率での摂取に固執するあまりに、ペットの犬や猫のご機嫌を損ねてしまっては本末転倒です。現実的にはベータグルカン健康食品をペットに与える際には、少量でさえも、まずは食べて体内へ取り込んで貰うことに注力するべきです。高純度品に限らず、低純度品でも、ベータグルカンをペットに食べてもらう難易度の高さは変わらないのです。

実際には、ペットの犬や猫の好物である食品か飲み物に混ぜ、少量づつでもベータグルカンを摂らせる場合が多いでしょう。ベータグルカンは、通常食からは摂取することが困難な貴重な成分なので、そのように効率を落としてでも、ペットに食べさせることは意義深いことなのです。

このような事情からベータグルカン純度の大小は最重要な要素だと言えます。

ベータグルカンを他の食品に混ぜて効率を落とさざるをえない状況で、旧来の低純度のベータグルカンの製品を使用したならばベータグルカンの機能性はほぼゼロとなるでしょう。しかし、高純度に精製されたベータグルカンならベータグルカン分子が大量にあるため、食品に混ぜて効率が落ちても、まだ機能性が残される優位性があります。

ペット相手には効率が落ちる、それでもベータグルカンの機能性を必要とする場合だからこそ、そもそもの品質性能が高い高純度ベータグルカンに期待が掛かるのです。

現代の高純度ベータグルカン製品ならば、ベータグルカンの純度が85%を超える程に高純度の製品が安価に市販されています。このような高純度ベータグルカン製品は本来は人間用として開発販売されているものの、そのままペットへの流用と成果が拡がっているのです。

世界中で広まっている高純度ベータグルカンの多くは、パン酵母(イースト菌)から抽出した特殊な健康食品・サプリメントです。過去には非常に高価な製品でしたが、世界的な利用者の急増によって生産量の増加で、品質は上がり、価格は低下しました。 2000年以降ではベータグルカン純度が85%以上にもなる高純度ベータグルカンが安価に購入することができるのです。

人間以上にペットにこそ高純度ベータグルカンが必要であるため、ペットへの高純度ベータグルカンの摘要もさらに増加する傾向が顕著なのです。

ベータグルカン Index...