ペットだからペット用ベータグルカンの裏事情

「ペット(犬,猫)だからペット用やペット専用を」というのは安易な発想です。少なくともベータグルカン(βグルカン)健康食品・サプリメントに関しては、ペット(犬,猫)だからペット用やペット専用の製品を使わなければならない理由は存在しません。むしろ、ペットの犬,猫の方が、価格あたりの質が低いペット用やペット専用の健康食品よりも、遥かに質が高く、良い商品を利用し、量を加減調整することが効率的なのです。

ペット用、ペット専用と称しているベータグルカン製品の殆どは、写真やイラストのパッケージが華やかで高い広告費に多くの原価を費やしています。つまり、品質は低い商品なのに"ペット専用"になると、見た目の付加価値に内容以上に高い価格が設定されている訳です。内容が薄い商品ほどパッケージが立派で内容と反比例する事例が散見されるのは残念が事例です。つまり、愛らしいペットの写真が強調され、肝心の内容成分が不詳、非表示のイメージ先行の製品は検討の価値すらないということです。

ベータグルカンは人間と同様に犬や猫のペットにも必要不可欠で重要な栄養素です。だから、ペットに与えるべきベータグルカンの品質は、人間用よりも純度高く高効率な製品が必要なのです。その最大の理由は、ペットにはベータグルカンを効率的に与えることが難しいからです。

人間が相手ならば、ベータグルカン摂取の最高効率化のために「食間に水だけで」摂取することを説明できます。 しかし、水に混ぜただけで飲んではくれない事例の多いペットに対しては、好物に混ぜて摂取させねばならないのが実際です。このように最高効率化が難しいからこそ、低品質=低効率のベータグルカン製品では機能性は消失してしまうところを、高品質高効率のベータグルカンならば、かろうじて機能性を保つ期待が残せるのです。

残念なことに「ペット用」「犬用」や「ペット専用」と意味なく表記されているベータグルカン製品はベータグルカンの純度が非常に低い低効率のベータグルカン健康食品と断じられます。効率の悪いベータグルカンでも良い結果が得られる可能性はあるものの、確率が非常に低いにもかかわらず費用は莫大になるでしょう。

可愛いペットの犬や猫にベータグルカンの機能性の可能性を残すためには、たとえ少量でも、効率良くベータグルカンを食べさせる必要があります。そのためには人間用にも用いられる最高純度=最高効率の高純度ベータグルカン健康食品を利用することが得策なのです。

人間用のベータグルカンは精製純度の高い製品ならば85%以上の非常に高い純度の製品が既に市販されています。このレベルまで純度が高いベータグルカンなら、水に溶かして少量づつ与えても、効率が良いために相当量のベータグルカンを体内へ吸収させることが期待できます。他の食べ物に混ぜることで効率が落ちてしまう場合でも、高純度ベータグルカンなら機能性が消失することなく残せる可能性が高いのです。

ペットにこそ、品質が高く、純度の高いベータグルカン製品を与えてやる必要があり、その対策は高純度ベータグルカンなのです。

ベータグルカン Index...